プロペシアのジェネリック医薬品はどんなもの?

男性型脱毛症(AGA)の治療薬にはプロペシアがあります。また、このプロペシアにはジェネリック医薬品がありますが、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、プロペシアのジェネリック医薬品の種類など、分かりやすく解説します。

 

ジェネリック医薬品の種類
プロペシアのジェネリック医薬品と一口にいっても、複数の種類を挙げることができます。フィンペシア、フィナロ、エフペシア、フィナバルドという名称のジェネリック医薬品が販売されているのです。

 

ジェネリック医薬品の実力
プロペシアのジェネリック医薬品は、プロペシアと同じ成分が配合されているというのが特徴です。したがって、プロペシア同様に男性型脱毛症(AGA)の治療効果を期待することができるでしょう。

 

価格なら断然ジェネリック
プロペシアは1箱10、000円程度の費用がかかることもあり、価格が高いのがネックですが、この問題をジェネリック医薬品が解決してくれます。いずれもプロペシアの価格の4分の1程度で販売されているのです。男性型脱毛症(AGA)の治療薬は半年間などある程度継続的に服用しなくてはいけないものです。

 

1回飲むだけなら10、000円でも我慢できますが、半年ともなると費用負担が重いと感じる人は少なくないでしょう。ジェネリック医薬品なら費用負担を感じることなく続けやすいといえるのではないでしょうか。

 

ジェネリック医薬品のリスク
ジェネリック医薬品のフィンペシアにはキノリンイエローと呼ばれる発がん性物質を含む着色料が配合されているという話がありました。この点が不安な人は他のプロペシアのジェネリック医薬品を購入しましょう。