眼精疲労解消にサプリ?ランキングから見るドライアイと老眼改善

眼精疲労が肩こりの原因?

 

眼精疲労の症状というのは、目にだけ現れるというものではありません。この眼精疲労の状態が続いていると、目だけではなく、他の部位にも症状が現れてしまうということもあるのです。眼精疲労のせいで、頭痛や肩こりの症状に悩んでいる人がとても多いです。

 

頭痛や肩こりの症状が慢性的に続いてしまうため、集中力が低下してしまって仕事もできなくなってしまうということだってあります。ですから、このような状態にならないようにするためにも、肩こりや眼精疲労を緩和していくようにしなくてはならないのです。肩の筋肉が緊張してしたり違和感や痛みを感じる場合、血行不良や乳酸が蓄積されてしまっていることが原因になっています。

 

この乳酸というのは、いわゆる疲労物質と言われるものなのですが、この乳酸が溜まっていくと、筋肉が固くなって緊張状態になってしまいます。乳酸は運動などをすることによって溜まっていくのですが、そうなるとちょっとだけ体を動かしたら痛みが出てしまいます。

 

筋肉に蓄積されている乳酸が分散してしまうことによって代謝が下がってしまい、血行不良を引き起こしてしまって、肩こりの症状になってしまうこともあります。この血行不良というのは、冷え性を引き起こしやすくしてしまいます。冷え性の場合も、筋肉を緊張状態にしてしまい、筋肉痛になりやすくなってしまいます。

 

かすみ目や疲れ目などが眼精疲労の症状の一つになっているのですが、この眼精疲労と頭痛や肩こりとどのような関係があるのでしょうか?眼精疲労によって引き起こされる肩こりというのは、目が疲れてしまっていることが要因になっています。

 

眼精疲労になっているということは、慢性的に疲れ目になってしまっているということです。そして、商店を合わせにくくなってしまうため、無意識のうちに見ようとしているものに対して顔を近づけようとしてしまいます。その結果、顔が出てしまっている状態になってしまい、首の筋肉に負担をかけてしまって、疲れ目の症状が出てしまうのです。

 

首を実際に前に突き出している女つ愛を長時間続けていると分かるのですが、だんだん首だけではなく肩の筋肉も凝り固まっていきます。これによって、筋肉が硬直状態になってしまい、首や肩に乳酸が溜まってしまいます。

 

普段からパソコンなどを使って仕事をしているという人は肩こりになりやすいのですが、このような場合の肩こりの原因は眼精疲労である可能性がとても高いです。デスクワークをしていると体を動かすこともほとんどありませんから、余計血行も悪くなってしまい、肩こりになりやすくなります。ですので、目を休ませるだけではなく、体を動かしていくことも大切なのです。

 

眼精疲労は何が原因?

 

眼精疲労を引き起こしてしまう原因というのは複数あります。例えば病気が原因で眼精疲労になってしまうこともありますし、乱視や近視、メガネ留めの相性が悪くて眼精疲労になる場合もあります。更に年齢による衰えや生活環境や生活習慣が原因になっていることだってあるのです。

 

ただ、実際に眼精疲労になっている人の大半は生活環境によって目を使いすぎてしまうことが原因になっています。この20年位の間に一気にパソコンが普及をしました。これによって、一気に生活環境が原因の眼精疲労になってしまう人が多くなったとされています。

 

それまでは、ほとんどパソコンを置いている会社はなかったですし、当時は携帯電話も当然ありませんでした。ですので、目を今ほど酷使してしまうということはなかったものです。

 

ですが、今では職場だけではなく自宅にパソコンがあるケースが殆んどですし、パソコンをしなくてもスマホは毎日長時間見てしまっているという人も多いです。ですから、眼精疲労になってしまう原因というのは、身の回りに溢れかえってしまっている状態になっているのです。

 

・年齢の衰えによる眼精疲労
年齢が衰えていくと、全身の筋肉も弱くなってしまいますし、視力も低下しやすくなります。筋肉が弱っていくと視力も下がってしまいやすくなるのです。眼球というのは、焦点をあわせる役割を持っている毛様体筋と言われる筋肉があるのですが、老化によってだんだん弱くなってしまいます。

 

これによって、ピントを合わせづらくなってしまって、ものが見えにくくなってしまうのです。そのせいで前に首が突き出るような体制になってしまい、目や首、肩に負担をかけてしまう眼精疲労に発展しやすくなってしまいます。

 

視力が低下すると眼精疲労になりやすい理由

 

眼精疲労というのは、眼が筋肉痛の状態になってしまっているようなものです。他の部位の筋肉痛というのは、必要以上に筋肉を使ってしまうことによって引き起こされてしまいます。この筋肉痛のメカニズムというのは、乳酸という疲労物質が溜まってしまうことや、筋肉の細胞が運動によっては破壊されてしまうことが原因担っています。

 

あまり運動をしていない人が体を酷使することで筋肉痛になりやすいです。ですから、あまり筋力が無かったり筋肉を鍛えていないのに運動をしてしまうことが原因と言えます。眼精疲労の場合も、このメカニズムが当てはまっており、視力低下してしまうことが眼精疲労の原因に結びついてしまうこともあるのです。

 

視力がいい場合、かなり遠くにあるものもはっきりと見ることが出来るのですが、反対に視力が良くない場合、遠くのものを見てもぼやけてしまってみることができません。今、視力は良いとしても、ちゃんと対策をしておかなくては簡単に視力を低下させてしまうことになります。

 

例えば、近くにあるテレビや本をずっと見てしまっていると視力低下の原因になってしまいます。雑誌やテレビに近づいてしまって読んだり見ていたりしていると、それだけ近くにある物に対してピントをあわせるようになってしまい、反対に遠くにあるものにピントを合わせにくくなってしまいます。

 

これによって、遠くのものを見る力が衰えてしまい、視力低下につながってしまうのです。ちなみに暗いところで、本などを見ると視力が下がってしまうと言われていますが、暗いから視力が下がってしまうというわけではなく、暗くて本などを読みづらくなってしまうため、ついつい間近で見てしまうため視力が下がってしまうのだそうです。