眼精疲労解消にサプリ?ランキングから見るドライアイと老眼改善

眼精疲労が肩こりの原因?

 

眼精疲労の症状というのは、目にだけ現れるというものではありません。この眼精疲労の状態が続いていると、目だけではなく、他の部位にも症状が現れてしまうということもあるのです。眼精疲労のせいで、頭痛や肩こりの症状に悩んでいる人がとても多いです。

 

頭痛や肩こりの症状が慢性的に続いてしまうため、集中力が低下してしまって仕事もできなくなってしまうということだってあります。ですから、このような状態にならないようにするためにも、肩こりや眼精疲労を緩和していくようにしなくてはならないのです。肩の筋肉が緊張してしたり違和感や痛みを感じる場合、血行不良や乳酸が蓄積されてしまっていることが原因になっています。

 

この乳酸というのは、いわゆる疲労物質と言われるものなのですが、この乳酸が溜まっていくと、筋肉が固くなって緊張状態になってしまいます。乳酸は運動などをすることによって溜まっていくのですが、そうなるとちょっとだけ体を動かしたら痛みが出てしまいます。

 

筋肉に蓄積されている乳酸が分散してしまうことによって代謝が下がってしまい、血行不良を引き起こしてしまって、肩こりの症状になってしまうこともあります。この血行不良というのは、冷え性を引き起こしやすくしてしまいます。冷え性の場合も、筋肉を緊張状態にしてしまい、筋肉痛になりやすくなってしまいます。

 

かすみ目や疲れ目などが眼精疲労の症状の一つになっているのですが、この眼精疲労と頭痛や肩こりとどのような関係があるのでしょうか?眼精疲労によって引き起こされる肩こりというのは、目が疲れてしまっていることが要因になっています。

 

眼精疲労になっているということは、慢性的に疲れ目になってしまっているということです。そして、商店を合わせにくくなってしまうため、無意識のうちに見ようとしているものに対して顔を近づけようとしてしまいます。その結果、顔が出てしまっている状態になってしまい、首の筋肉に負担をかけてしまって、疲れ目の症状が出てしまうのです。

 

首を実際に前に突き出している女つ愛を長時間続けていると分かるのですが、だんだん首だけではなく肩の筋肉も凝り固まっていきます。これによって、筋肉が硬直状態になってしまい、首や肩に乳酸が溜まってしまいます。

 

普段からパソコンなどを使って仕事をしているという人は肩こりになりやすいのですが、このような場合の肩こりの原因は眼精疲労である可能性がとても高いです。デスクワークをしていると体を動かすこともほとんどありませんから、余計血行も悪くなってしまい、肩こりになりやすくなります。ですので、目を休ませるだけではなく、体を動かしていくことも大切なのです。

 

眼精疲労は何が原因?

 

眼精疲労を引き起こしてしまう原因というのは複数あります。例えば病気が原因で眼精疲労になってしまうこともありますし、乱視や近視、メガネ留めの相性が悪くて眼精疲労になる場合もあります。更に年齢による衰えや生活環境や生活習慣が原因になっていることだってあるのです。

 

ただ、実際に眼精疲労になっている人の大半は生活環境によって目を使いすぎてしまうことが原因になっています。この20年位の間に一気にパソコンが普及をしました。これによって、一気に生活環境が原因の眼精疲労になってしまう人が多くなったとされています。

 

それまでは、ほとんどパソコンを置いている会社はなかったですし、当時は携帯電話も当然ありませんでした。ですので、目を今ほど酷使してしまうということはなかったものです。

 

ですが、今では職場だけではなく自宅にパソコンがあるケースが殆んどですし、パソコンをしなくてもスマホは毎日長時間見てしまっているという人も多いです。ですから、眼精疲労になってしまう原因というのは、身の回りに溢れかえってしまっている状態になっているのです。

 

・年齢の衰えによる眼精疲労
年齢が衰えていくと、全身の筋肉も弱くなってしまいますし、視力も低下しやすくなります。筋肉が弱っていくと視力も下がってしまいやすくなるのです。眼球というのは、焦点をあわせる役割を持っている毛様体筋と言われる筋肉があるのですが、老化によってだんだん弱くなってしまいます。

 

これによって、ピントを合わせづらくなってしまって、ものが見えにくくなってしまうのです。そのせいで前に首が突き出るような体制になってしまい、目や首、肩に負担をかけてしまう眼精疲労に発展しやすくなってしまいます。

 

視力が低下すると眼精疲労になりやすい理由

 

眼精疲労というのは、眼が筋肉痛の状態になってしまっているようなものです。他の部位の筋肉痛というのは、必要以上に筋肉を使ってしまうことによって引き起こされてしまいます。この筋肉痛のメカニズムというのは、乳酸という疲労物質が溜まってしまうことや、筋肉の細胞が運動によっては破壊されてしまうことが原因担っています。

 

あまり運動をしていない人が体を酷使することで筋肉痛になりやすいです。ですから、あまり筋力が無かったり筋肉を鍛えていないのに運動をしてしまうことが原因と言えます。眼精疲労の場合も、このメカニズムが当てはまっており、視力低下してしまうことが眼精疲労の原因に結びついてしまうこともあるのです。

 

視力がいい場合、かなり遠くにあるものもはっきりと見ることが出来るのですが、反対に視力が良くない場合、遠くのものを見てもぼやけてしまってみることができません。今、視力は良いとしても、ちゃんと対策をしておかなくては簡単に視力を低下させてしまうことになります。

 

例えば、近くにあるテレビや本をずっと見てしまっていると視力低下の原因になってしまいます。雑誌やテレビに近づいてしまって読んだり見ていたりしていると、それだけ近くにある物に対してピントをあわせるようになってしまい、反対に遠くにあるものにピントを合わせにくくなってしまいます。

 

これによって、遠くのものを見る力が衰えてしまい、視力低下につながってしまうのです。ちなみに暗いところで、本などを見ると視力が下がってしまうと言われていますが、暗いから視力が下がってしまうというわけではなく、暗くて本などを読みづらくなってしまうため、ついつい間近で見てしまうため視力が下がってしまうのだそうです。

 

眼精疲労に効くサプリ@人気商品徹底比較

 

 

VDT症候群から眼精疲労になる人が増加中

 

普段からパソコンを使っていて疲れ目になってしまっているのであれば、VDT症候群になってしまっているかもしれません。大体の家や職場には、パソコンやテレビが備わっていると思います。このようなパソコンのモニターなどを長時間使っていると、VDT症候群という眼精疲労を引き起こす原因になってしまうのです。

 

パソコンを普段からかなりの時間使っているのであれば、このVDT症候群になる可能性がそれだけ高くなってしまいます。このVDT症候群というのは一体どのような症状なのでしょうか?

 

・VDT症候群はどんな症状があるの?
ビジュアルディスプレイターミナル症候群を略してVDT症候群といいます。このVDTというのは、パソコン以外にもテレビやスマホの液晶が年のことも指しています。パソコンなどの機器というのは、作業効率の点から見ても必要不可欠になっています。

 

ですので、デスクワークをしているのであれば、1人につき1台パソコンが用意されていたりしていますよね。それに家に帰っても、家にもパソコンが有るという家庭がほとんどなのではないでしょうか?ですので、パソコンなどのモニターを一切見ないという人のほうが珍しくなってきているのではないかと思います。

 

そして、VDTを見ている人が多くなるつれて、いろいろな体の不調を感じるようになった人が増えました。長時間VDTを使っている人ほど、顕著に症状が現れる傾向が強いです。VDT症候群というのは、色々な症状の原因になっています。

 

例えば、結膜炎や角膜炎、近視などの症状が出てしまうだけではなく、肩こりや吐き気、額に圧迫感を感じるなどといった症状も出やすくなってしまうのです。紙に書かれている文字とは違い、モニターというのは鮮明に物が見えるわけではないですし、光が点滅してしまっていたりしています。

 

ですので、それだけ目を酷使しやすくなっているのです。また、仕事をしているときは文字をミスしていないかチェックをしていますから、常にモニターを見やすいものです。そして、仕事や作業に集中するあまり、瞬きをしにくくなってしまい、ドライアイになってしまうのです。そのため、VDTを使った作業をしていると眼精疲労や疲れ目になりやすいのです。

 

さらに、モニターを使っている時に、目線を上にしてしまっているひとが多いです。目を上向きにしてしまっていると、それだけ目に空気が触れやすく、目の乾燥が進みやすくなってしまうのです。このVDT症候群予防をしたいのであれば、まず目を使い過ぎないようにすることが大切です。目が乾燥してしまっているとそれだけ、目に負担をかけすぎてしまい、眼精疲労になりやすくなるのです。

 

タウリンの持っている臓器への効果

 

栄養ドリンクなどに含まれていることで有名なタウリンですが、そのタウリンの効果についてどれほどご存知でしょうか?タウリンにある効果で有名なものといえば、肝臓の機能を維持・強化するものですが、肝臓だけではなく、他にも腎臓や心臓などの臓器機能に良い影響があるため、いろんなタイプの人から人気の成分なんです。

 

特に大きな効果があるということが知られている肝臓ですが、肝臓への働きかけを大きく分けると三つの働きがあるそうです。それはすなわち、

 

・胆汁酸の分泌促進
・肝細胞の再生促進
・細胞膜の安定

 

というような働きで、タウリンを摂取すると胆汁の量を増加させて血中コレステロールを低下させる効果が表れることが研究によってわかっています。

 

また、タウリン 錠剤はインスリンの分泌を促進させる効果があり、それによって血中の糖度を下げ、糖尿病を予防・改善する効果が高いと考えられるため、注目されています。

 

そして、血液の流れをスムーズにするので、高血圧を改善する効果もあります。高血圧でお悩みの方にも、予防や改善に効果がありますのでオススメの成分でもあります。

 

タウリンの効果として、最も有名なのはやはり上記でも紹介した肝臓への効果ですが、特に脂肪肝について大きな変化が見られるそうです。脂肪肝は肝臓に脂肪がたまってしまうことにより、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こすリスクを高めてしまう症状ですが、ラットを使った実験によると、タウリンを一定量投与したラットとしていないラットとでは、肝臓の脂肪量に明白な違いが現れたそうです。

 

タウリンには、肝臓に蓄積された脂肪を取り除いてくれる効果があるため、脂肪肝の改善作用があるものと見られています。このように多くの効果が認められるタウリンだからこそ、多くのサプリメントや栄養剤、医薬品に用いられているのですね。

 

老眼のチェック方法について

 

老眼が始まるともしかしてこれが老眼と思う瞬間があると思います。それが老眼なのかどうかをチェックする方法がありますので、是非覚えておきましょう。

 

色々な項目があり、その中で自分が老眼になったのかどうかを確認してみてください。

 

雑誌や携帯の文字などが読みづらくなり気付いたら目との距離をとっている、物や景色を見る際にかすんでいる、明るいところから暗いところに行くと目が慣れるのに時間がかかるようになった、遠くに視線を移した際にピントがすぐに合わない、光がまぶしい、目が疲れたり目の奥に重みを感じるようになった、頭痛や肩や首の凝りが激しくなった、細かい作業が辛い、走行中の車などに記載されている文字が読めなくなった、段差に躓きやすくなった、夕方になると景色が見づらくなった、近視用眼鏡を外したほうが見やすい、近視用眼鏡で疲れが出る

 

というものがあります。

 

症状が多ければ多い程、老眼が進行している可能性が非常に高くなっています。老眼になってしまうと、しょうがないと思ってしまう人も少なくはないですが、加齢による老眼でも進行を止めるという方法や改善させるということは可能になります。

 

ですので、この項目を把握した上で、自分がどの項目に当てはまり、どうすれば改善するのかということを考えて少しでも老眼の改善を図るようにしましょう。個人差もありますのでこれだという改善方法はありませんが、自分なりの改善方法を探してみることをオススメします。

 

スマホ老眼サプリ!スマホ老眼の原因・症状・対策ガイド